売却時に使える特例!タイミングが重要です・・・!!

【売却時に使える特例!タイミングが重要です・・・!!】

さてさて、売却査定のご相談を多数いただいており、ありがたい限りです!!

良いご提案ができるよう、しっかり査定いたしますね!!

さてさて、一体この家はいくらで売れるんだろう??

という売却金額はとっても気になりますよね。

高く売れて欲しいなぁというのが一番の願いだったりします。

ですが、せっかく高く売れても、その分たーっぷりと税金を支払う必要が出てくることも。

 

 

昨日査定を行わせて頂いた2つの物件は、どちらも所有者さんが長年マイホームとして住んでいる物件でした。

このタイミングで使えそうな税金への特例は、「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例」!!

適用要件は

・自分が住んでいる居住用家屋(別荘等は含まれません)

・住まなくなった日から3年目の年の12月31日までに売ること。

等です。

なので例えば、今現在マイホームとして住んでいるが、お子さんと同居予定のためマイホームの売却を考えている。という方等にはうってつけの特例です!

例として、1500万円で土地建物を売却し、マイホームの土地建物代がいくらだったか分からない場合(契約書や領収書が残っていない場合など)に

特例を使うか使わないかで、およそ277万円ほどの税金差額が出ます。

しかもこれに伴って、翌年の医療保険が上がる可能性が・・・

おそろしい差額ですね・・・

 

ちなみに売却で多いのが、「相続」した物件。

親御さんが亡くなられてから、ご実家の売却をする。等の場合ですね。

その場合、使える特例が激減します・・・

例えば「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」

相続した人が売った場合に使える可能性のある特例なのですが、

適用要件に「相続の開始の直前において被相続人以外に居住をしていた人がいなかったこと。」

というのがあります。

所有者が一人で住んでいた必要があるそうで、しかも老人ホーム等で生活していて、その家に住んではいなかったという場合は対象外になるそうです。

(税務署の方に伺ったのですが、あてはまるケースはかなり稀とのことです・・・)

 

なので、金額面や特例が使えるタイミング等を考えると、

今が売り時!!ということがあります。

所有者さんが大切に住まれているマイホームなので、手離すのはとてもさびしい気持ちがすると思いますが良いご縁を結ぶお手伝いができるよう、精一杯取り組ませて頂きます!

 

いつが売り時か相談したい!というお客様もお気軽にご相談ください^^